プログラマーの人材不足

現在、プログラマーの人材不足が続いており、今後も益々不足していくと言われています。
経済産業省は今年の6月10日に、国内IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果を発表しました。
それによると、IT関連の人材は現時点で17万人超が不足しいて、今後の人口減少に伴いますます不足していくと予想しています。人口は減少するのに、IT関連の需要は拡大していくので当然ですよね。
そして、このままIT市場が拡大していった場合、30年にはITの人材85.7万人に対し、不足数は78.9万人になると予測しています。

成長し続けるIT市場

最近になり、プログラマーの人材が足りなくなってきたと思われがちですが、実はマイクロプロセッサが登場した40年程前から、プログラマの人材不足は問われています。
即ち、IT市場は過去、現在までずっと成長し続けている事になり、また今後も成長をして行くのです。そんな市場って他にないですよね。
世の中はコンピュータを中心に回っている錯覚さえ覚えます。

Facebookの元役員だったChamath Palihapitiya氏はこのように言っています。

「プログラミングを学ぶのなら、生涯仕事に困らないことを私が保証しよう。」

これだけ成長をし続けて、今後も成長を続ける市場ですから、こう言われてもうなずけますよね。
ちなみに、アメリカのオバマ大統領も次のように述べています。

「プログラミングを勉強することはあなたの未来のためだけではなく、アメリカの未来にとっても重要な事です。」
「ゲームを買うのではなく、作ってください。最新のアプリをダウンロードするのではなく、設計してください。それらをただ遊ぶのではなく、プログラムしてください。」

プログラマーが足りるということがない

人工知能などの躍進により、大げさな話ではなく、全ての仕事にプログラムが関わっていきます。
業務の機械化により、それに関わる労働者はいなくなっていきますが、それに伴いプログラマーの需要は増えていきます。
従って、技術が進歩するに連れてプログラマーが必要となるのですから、プログラマーはいくらいても足りないということになります。今の状態がすでにそうですよね。
プログラムもプログラムが作る時代がきて、プログラマーは必要なくなるという意見もありますが、その時は人間が働く必要のない時代になっていると思います。

まずは無料体験レッスンを!

こじかプログラミングは対面式ではなく、テキストベースで学習をしていきます。従って、時間のない主婦やシングルマザー、ビジネスマンの方でも、好きな時間に自分のペースで学習できます。
まずは、無料メンバー登録をしていただき無料体験レッスンをお受け下さい。

プログラミングの必要性

フェイスブックのザッカーバーグ氏やマイクロソフトのビル・ゲイツ氏などが、プログラミングの必要性について語っています。

おいでまい!うどん県

こじかプログラミングは、美しい瀬戸内海に面した香川県で活動をしています。香川県は災害も少なく、気候も穏やかな、とても美しい土地です。メンバーの方とは、不定期ではありますが香川県でオフ会も行っております。あなたもメンバーになって、是非、香川県においでくださいませ。